• ホーム
  • ピルと抗生物質の飲み合わせ~生理痛軽減や避妊効果

ピルと抗生物質の飲み合わせ~生理痛軽減や避妊効果

考えている女性

低用量ピルは、避妊効果だけではなく、生理痛を改善したり、生理の出血量が多い過多月経にも効果があります。
ただし、他の薬物などと一緒に服用すると、効果が低下したり増強する場合があります。
ピルと他の薬剤の組み合わせは無数にあるため、その全てが解明されているわけではありません。
現在のところ、いくつかの抗生物質の他、抗痙攣薬、バルツビール酸誘導体、免疫抑制薬などとの相互作用があることは分かっているので、病院で他の薬を処方してもらう際には、ピルを服用中であることを医師や薬剤師に必ず伝えるようにしましょう。
対象となるのは内服薬のみですが、病気や症状によっては、ピルに影響が出ない薬を使うこともできます。

市販薬は心配ありませんが、サプリメントに含まれるセントジョーンズワートはピルの吸収を悪くしますので、注意が必要です。
ダイエット茶などにも含まれていますので、必ずチェックしてください。
避妊効果が落ち、生理痛も戻る可能性があります。

ピルとの飲み合わせに注意する薬のうち、病院で処方される可能性が高いのは、テトラサイクリン系抗生物質とペニシリン系抗生物質です。
テトラサイクリン系抗生物質は、クラミジア症やニキビなどに処方されます。
ペニシリン系抗生物質は、熱やノドの痛みを伴う風邪、中耳炎、ものもらいなど、炎症のある病気にかかったときに処方されます。

これらの抗生物質を服用したときに、ピルの効果が落ちるかどうかは個人差がありますが、不正出血が現れた場合には、ピルが十分吸収されていない可能性があります。
避妊効果が低下しますので、他の避妊法を併用するなどの注意が必要です。
併用期間は、抗生物質の服用中と服用終了後の7日間程度です。